[PR]出会い系サイト 出会い系優良

2009年10月31日

ドル安でも、ユーロ安でもなんでもかんでも円高なのね・・・。

困りましたね〜ドル円ちゃん。

結局、ユーロドルが安くても高くても円は高くなる運命なのですね。

今週の動きではっきりしました。



2009年10月31日FX週間収支

週間収支    −13,661円



週初から、ドル円ロングばんばんだったので、利食いも入れたが

28日に91.80どころを割ってきたんだけど、ストップ入れてないので

投げが遅れ91.40どころ→この時点で12000円やられ。

その後、28日に逆にショートで半分取り戻した。

ここまではOK。

しかし、、、

金曜日に、ながら取引(アホ!)で結局マイナス幅拡大。
(それでも、途中に止めてドル円ロング投げたから結果よかった)



反省点
・ドル円のお利食いを半分入れておくべきだった。
・証拠金なく、ユーロドルのショートいけず。
・ながら取引で−7000円増やしたのが最大のアホ取引。


過去の失敗を繰り返すのね、オレは!!

何度もやってしまうんだおおおおお!くそ!

ながらはあかんて!!

冷静な負けはしかたないけど、

根拠のない、ながらトレードはあかんのじゃあああ!!



ああああああああああ!


2009年10月30日

相場秘伝 本間宗久翁秘録を読む 青野豊作著

相場秘伝 本間宗久翁秘録を読む―希代の天才相場師に学ぶ必勝の鉄則
相場秘伝 本間宗久翁秘録を読む―希代の天才相場師に学ぶ必勝の鉄則
青野豊作著


10年ほど前に買った本です。

世界ではじめて「罫線」を創案した男、本間宗久に学ぶ「勝つ極意」とは。
罫線(ローソク足)を考えだし、江戸時代の米相場で大儲けしたといわれている

本間宗久さんの「本間宗久翁秘録」を開設した本です。

一説では、酒田五法の創始者とも言われているようですが・・。



中身は、相場をするに当たっての心得が中心です。

現在では、心理的な部分を開設している本はいっぱいでていますが、

罫線を作った人の心理解説本ですので、すべての元になっている本だと思います。



人間すぐ忘れるので、相場秘伝 本間宗久翁秘録を読む


何度も読み返しては、自分を戒めましょう!!
(自分に言い聞かせています・・)



2009年10月29日

ドル円FX日足フィボナッチトレンドライン分析見通し10.29

ドル円現在90.43。一昨日の引けで日足のフィボナッチを切ったので、

昨日は急落となった。

これで、またもや読みにくい状況となってしまった。

いくつか考えられるシナリオとしては、

可能性が高いのは、

@本日は90円の前半に軽いサポートがあり、

今の水準で止まりながら、3.4日90〜91円を行き来する。


しかし・・・・。

88.02からの上昇波動が、92.33で終わっている可能性も否定できない。

そう考えた場合、

A本日の急落リスクを数%考えるべきかなと思う。

89.50が一つの下値めど。

ないと思うけど、もし割ってきたら88円半ば。

書いてる間も下がって90.35。

今日は、ロングしないように気をつけよう。



90円前半のサポートで止まるなら、急な戻りもありうるので何ともいえない。

やっぱり動かないでおこう。


タグ:ドル円

2009年10月28日

ドル円意外安で利益ふっ飛ばし!

ドル円現在91.35。

91円後半を確保しながら、93円そして95円までは行くと思い、バシバシにロング張ってた分、全部ぶっ飛ばされる。

先週の勝ち全部ぶっ飛ばし。

はあ〜!!

自分があか〜ん!に、なってしまった・・・・・。

うまいこといかんのお!!


まさか、まさか、

91.80どころのフィボナッチラインを切ってくるとは・・・・・。

しかし、これで、88.02からのいったんの上昇サイクルが終わった。

目先は、92円を上値に最大90円まで見れてしまう。

逆になってしまった。サイテー!!


相場の神様は、欲ボケるとやられるなああ・・・・

くそ〜!!


2009年10月27日

ペンタゴンチャート入門 川口一晃 著

ペンタゴンチャート入門―神秘の株価予測法
ペンタゴンチャート入門―神秘の株価予測法川口一晃 著

どちらかというとマイナーな位置づけのテクニカル分析だけど、

私は気に入っている。

初めて読んだのは、FXをやり始めの2年前。

人は天体に住んでいる限り、

黄金比やアストロロジーの影響を受けるのは必然であるとの認識のもと、たどり着いた著書。


著者の川口さんは、ペンタゴンチャートの師匠から教えてもらったそうで、

時も満ちたので、相場に携わる人にもおおやけにしてもいいのではないか、とのことで、発売に踏み切ったそう。

一番弟子の著書といったとこか。


ペンタゴンチャートの入門書はほかにはない。

そして、読んで理解を深め、自分でペンタゴンを書いて相場を見ていくと

川口さんがこの本で述べている以上のことが見えてくると思う。



私は、ほぼ1年以上「ドル円」と「ユーロドル」をつけている。

最初は、クロス円もつけていたけど、いまいち合わないようでした。

私が、ペンタゴンチャートを気に入っているのは、「相場が今どこにいるのか?」がよくわかる点。

あの若林栄四さんのコメントとかでもたまに「ペンタゴン」が出てくる。

黄金分割・フィボナッチにからんでいるので興味のある方はいい本です。


私は特に、ドル円の分析で非常に役に立っています。

読みやすく、わかりやすい分析法なので初心者でもとっつきやすいでしょう。

くわしくはこちらで→ペンタゴンチャート入門  

2009年10月26日

ドル円意外高へ・・・・

ドル円現在91.95。

今日も、押し目91.56まで入れたものの切り返した。

強い時の動きである。

11月10日あたりに向け、95円・・・行くかもしれない。


関門は92円90あたりの節目と、そこへ行ったとすれば、

その後の押し目は92.20あたりで耐えられるかがカギになると思う。





タグ:ドル円

2009年10月25日

ドル円FX日足フィボナッチトレンドライン分析見通し10.25

ドル円は、23日金曜日の引けで、92円に乗ってきた。

強い状況である。

特に今回、右肩上がりの日足のフィボナッチラインを目立った押し目もなく、

上げ続け、金曜日の時点での91.50の日足のフィボナッチのレジスタンスを抜けてきたのでびっくり。

先週の動きは、2年ほど見ているドル円のフィボナッチラインに絡む動きとしては、初めて経験する動き(強くて・・・)。
(なんか出るのでは?って思う・・・補正予算のからむものと思うのだが・・)



この上げを予想外とみている向きは多いと思う。

なので、今回のトレンドの目標をあげないといけないのかもしれないと思っている。

短い日柄で上げてきたので、上昇の日柄はまだ残っている。

先週も書いたが、目先の目標は93円どころ。


日足のトレンド分析なので、

その後は、11月1日ごろの動きにより判断となりそう。




押し目が92〜93円で3.4日落ち着きそうなら、この動きのまま、

「そのまま95円」もある数字となる。

ショートの向きが、「もうやばい、あかん。」となりそうな気がするのだけど、、、、

どうだろうか。。。。



2009年10月24日

2009年10月24日FX週間収支

2009年10月24日FX週間収支

週間収支    +11,125円

先週はユーロドルの上昇にうまく乗れて、

今週は、ドル円の上昇に乗ることができた。

でも、全部うまくはいかず、途中で売ってしまって、利食いは小さめ。

目先の節目と考えながらも上げに乗って、振り落とされたりもあった。

集中してやってない中、証拠金もトータル10万円程度の中、

結果には満足。


ちょかちょかやるより、最近のスイングの方がうまくいってたりと

気づいてる状態。

FXやり始めのころの、投資法に戻ってます。





2009年10月23日

ドル円目先の判断は難しい局面。

ドル円現在91.65。

押し目は小さく上の売り物を徐々にこなしていってる状況。

現在のフィボナッチラインが91.50あたりで、ラインは今後も上昇する。


先日来、下がってはこのフィボナッチラインに当たって少し越えて・・

また戻されて・・・。の動きの繰り返している。

通常、フィボナッチラインに当たったら反落するのだけど、

買い戻しとユーロの強さのおかげのクロス円に引っ張られて

下がってこない。

今後の予想は、

@来週末にかけこのまま、フィボナッチラインに沿ってジリジリ92.30まで。(その場合、途中ではラインを越えて93円を見に行く可能性もある。)


A何かのきっかけで90円半ばまで反落→来週末に目標92.30目指す。


5分5分と思う。サイクルは続いているのか、いったん落ちるのか微妙。


なので、ポジションは利食いなので全部手じまって様子見している。
(我慢できず、ロングはこの上昇の途中で全部売ってしまった)


ロングポジションを持てていないから、上がるのかもしれない。。。


タグ:ドル円

2009年10月22日

エリオット波動入門


エリオット波動入門

エリオット波動入門
ロバート・プレクター著パンローリンク刊。

20代前半で読んだ本だけど、今だに発刊されているのも信じられない。

内容が濃い良著は発売され続けるのですね。

エリオット波動入門

相場に携わると必ず通る道が、エリオット波動原理です。

相場は「波」、人間の心理が動くように、一方向にずっとは行かず、

波を打ちながら進む。

その波を原理化し確率した人がR・N・エリオットさん。

日本人でエリオット波動に長けているのは、現三菱UFJ証券の宮田直彦さんでしょうか。
三菱UFJ証券宮田レポート


紹介しといてなんですが、、、

でも、結局私は、エリオットのカウントのとり方がいくつもある点、

さまざまなテクニカル分析手法の中で、あいまいさがあっていいと思うのだけど、

カウントの取り方であいまいさが残るのに、あいまいさを認めない部分が

良くわからず。ちょっといやで。


あと、証券マン時代、エリオットばっかやってるやつがいて、

理論はいいけど、相場張ったら負け続けてる癖の悪いやつがいて、

あとから見て、やっぱりこうだよ!エリオットどうり!って

言い放つギタギタにしたいぼんくらがいたので、嫌いになってしまった思い出があります。

なので、結局、完全な手法の理解には至りませんでした。(^^;



ただ、私の中での、エリオット波動の位置づけは、サブ的な部分が多いけど、

大局で見ると重要だなと。

「相場の波」が5波動と3波動そして中の修正波ってのを理解しておくこと、

波に乗る感じを理解できることとして重要。


FXでも同じ。テクニカルを理解するための、最重要じゃないけど、避けては必読の書。


エリオット波動入門←著者のエリオットセミナー映像も一部無料で見れます。



2009年10月21日

ユーロドル!鬼より怖い一文新値??

さて・・・・、

ユーロドル1.5アタックしてますが、どうでしょうか?

ド天井ではないと思いますが、一旦天井ではないかと・・・・。

ユーロドル週足の、罫線分析では「1.5」は岩盤(カチカチ)です。

利食いは早めに・・・。新規売りは、遅めに・・・・!

利食い場だけど、新規売りはまだ危険・・・


タグ:ユーロドル

FXメタトレーダー入門

FXメタトレーダー入門―最先端システムトレードソフト使いこなし術 (現代の錬金術師シリーズ 56)
FXメタトレーダー入門

いまやFXの基本ソフトとなりつつあるメタトレーダー4。

でも、FXやり始めのころは「メタトレーダーってなに!??」て感じだった。

「なにそのややこしいもん?」

特に、中年に域に入っている私にとって、新しいことをするのは抵抗がある。

しかし、FXで勝つ欲望が人をやる気にさせる。



ネットで断片的な情報をえるのも良いが、一冊でばばっと!理解したのち、

インストール&使っていくって方(私がそうですが)には、

メタトレーダー意識導入の最初として、読んでみていいと思う。


ちなみに、私の住んでるところの本屋にメタトレーダーの本は、

当然ですが、一冊もありません・・・・。

本屋に行くのに電車賃orガソリン代がかかる、

そうゆう方には、アマゾンで!


2009年10月20日

ドル円FX日足フィボナッチトレンドライン分析見通し10.20

ドル円現在、90.14。

キーポイントの昨日の月曜日に、日足の引け値レベルで90.80を確保

できなかったので、目先の93円が無くなり、下落へ。


アホの一つ覚えの輸出のドル売りの様子。

待てばもうちょっと上がるのに、そんなことは、企業の担当者に関係なし。

「90円より上なら、売れ」とご指示出ている感じです(笑)



ただ、日柄は戻りに入っているので、今後は、

@今日一気に、89.60をアタックする。

A今日はこの辺90.10あたりで、明日あたりちょっと戻って、

週明けあたりに向け、ダラダラ89.60あたりへ。

Bず〜〜と、ダラダラパターン。あっても90円割れぐらいで1週間過ごす。



以上、考えうる展開は3パターンだろう。


日足分析的には、来週末〜11月頭に向け、とりあえず92円30銭目標!!



2009年10月19日

ヒロセ通商キャッシュバックキャンペーン

FX取引ならヒロセ通商へ
FX取引ならヒロセ通商へ

FX取引会社キャッシュバックキャンペーンもそろそろ終わりになってきた。

とうとう、もう、開設する口座が残り少なくなり、

開けてない会社がないくらいになってきました。

当然管理もたいへん・・・(笑)

今回は、ヒロセ通商で口座開設。

クイック入金も10行対応、ドル円スプレッド1銭レベル。

ポンド円スプレッドも4銭以内とポン円好きな方にピッタリ。

その他のクロス円もスプレッド極狭。

ワンクリック注文、チャートからも注文でき、IFD注文、OCO注文、

IFD+OCO注文、トレール注文といった複合注文もOK。

システムは高度。

通貨ペアも140種類以上もできる。いるのかな・・・。

手数料はもちろん無料!信託保全は三菱UFJ信託銀行で問題なし!

ただいま、片道10万通貨以上のお取引で、1万円キャッシュバックキャンペーン中!!

よーし!、がんばろう!!!。

2009年10月18日

ドル円FX日足フィボナッチトレンドライン分析見通し10.18

ドル円16日金曜日の引けが90.90あたり。

9日の上げで、目先の下落トレンドが終了し、戻りに入っていると思われる。

ただ、速い戻りなのか、再度押し目入れるのかだろう。



今週は、月曜日がキーポイント。

月曜日引けで91円を確保(91円より上)レベルで日足が引ければ、

週末にかけて93円までの上昇もあると思う。



ただ、月曜日に90.80より下レベルで引ければ、

週末にかけ、再度89.60までの押し目もありうる。


今週は、月曜日がキーになると思う。


分析しながら思うのだけど、たぶん

大きな上昇トレンドの中の上げなら、もっとはっきりするんだろう。

大きな下げトレンドの小さな上昇だろうから、上がりにくい買いにくい。

そうゆうことだと思う。


2009年10月17日

2009年10月17日FX週間収支

2009年10月17日FX週間収支

週間収支    +25,881円

ユーロドルの上昇をとれると判断して、かろうじて投資できるお金を、

レバレッジ400倍口座FXブロードネットに入金し

3枚で100pips取れたのが大きかった。

継続的にやるお金もひまもないので、いまのところ、

「とれるだろ」と思えるところだけ乗って、あとは様子見しかない状況。

ドル円も、89円前半で買ってたけど、結局長く持てずに上に行ってしまった。

証拠金は数万円の取引だけど、負けを覚悟してのハイレバ取引。


全部ぶっ飛ばしても負けても自己責任。

アホ行政が、ハイレバをできなくするという・・。

貧乏人が這いあがれる数少ない可能性を摘み取るお馬鹿官僚。

結局ダメでも、希望があれば生きていけるのに・・。

貧乏人は縛られ搾りとられ、お金持ちでかしこい人は、ますます日本を出ていくだろう。



2009年10月16日

【オーディオブックCD】マーケットの魔術師 大損失編

[オーディオブックCD] マーケットの魔術師 大損失編
[オーディオブックCD] マーケットの魔術師 大損失編
アート・コリンズ 鈴木敏昭 (著)

先日、投資関連の著作が多いパンローリンクのベストセラー

「マーケットの魔術師」を紹介したが、今回はその中でもトレーダーたちの失敗談を集めたもの。

それも、本ではなく、「オーディオブックCD」版です。


2年ほど前に、アマゾンで買ったもので、

中身は、35人のトップトレーダーたちの失敗談マーケットの魔術師 大損失編
のCD版。




だいたい、負けた話、大損した話、失敗談なんて他人に話したくないもの。

パチンコ行っても、負けた時はみんな言わない。

買ったときは大きく言うけど、実は負けている場合がほとんど。

もしいっぱい勝ってるなら、あんなにパチンコ屋は脱税できません(笑)


同じで、相場で儲かった話、成功体験は人に話したがるもの。

失敗や損の話はしませんから、表に出てこない。



しかし、FXで成功している人も、神様じゃないんだから、たまには損する。

9割以上のほとんどの投資家は、負けるのです。

負けから学ばないから。負けを認めて次に進まないから。

勝ち組の人は、損した経験から学ぶからこそ、勝てるようになる。

負けないトレードができるようになるのです。



自分の間違いだけじゃなく、

他人の過ちからも学べるCDなので、精神面の勉強になると思います。

私は、家でも聞きましたし、車の中でも今でも積んでますしよく聞きました。

こちら→[オーディオブックCD] マーケットの魔術師 大損失編で、10分ほど無料視聴できます。

10分の無料視聴だけでも、勉強になりますよ。。



他人の失敗から学び、自身の精神面を鍛えるもってこいの品。



紹介しながらも、おなじ失敗を繰り返し、よく負けるのは私(人間?)のサガか・・・。

あ〜、くそ!

また聞きなおそう。。。。(笑)




2009年10月15日

マーケットの魔術師 ジャック・D・シュワッガー著


マーケットの魔術師
マーケットの魔術師ジャック・D・シュワッガー 横山直樹 著

非常に有名な本で、世界のトップトレーダーたちからも絶賛されている名著。

私の読んだ最も古い部類の本なのだけど、

買った当時、日本の株式は毎日と言っていいほど下がっていて、

仕事面ではひとりの力ではどうしようもない状況。

トレーダーなんか夢の状況の中だったけど、休日に梅田の紀伊国屋に出かけ、
この本を見つけたのをいまでもよく覚えている。



今では、こういった本物のディーラーの生のコメントなどはけっこう聞けるようになったが、

当時は、ブラックボックス状態。
(いまでもヘッジファンドなんかはブラックボックスだけど)

手にとって、ペラペラめくると衝撃が走った記憶がある。



手元にある、マーケットの魔術師は、第1版1刷で発行所もパンローリングさんじゃなく、日本経済新聞社。

訳者も横山さんじゃなく、「日興証券開発運用部」のもの。

時代を感じるなあ・・・。

しかし、本は古いが、価値は高い!

なので、再販・再販でず〜〜〜と発行されているんです。



内容は、株式市場における内容だけど著名ディーラーとのQ&A方式なので、読みやすいし、

特に相場張っているときの心理面のことがよく書かれているので、

マーケットがどこであれ、勉強になることばかり。

マーケットの魔術師 − 米トップトレーダーが語る成功の秘訣 


全く色あせることのない、良著である。



もちろんアマゾンでも取り扱っている。



2009年10月14日

FXブロードネットに入金、ユーロドルロングで勝負でラッキー!

外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ
昨日夜、

ユーロドルをメタトレーダーで分析、

一目で分析、罫線分析とあらゆる角度から分析したのち、

「ど〜考えても上がるだろ!」と判断した。

「こいつは勝負いこ!」と思うがお金はほとんどない。

しかし、ジャパンネットに3万円あるのを思い出し、

「勝負ならレバレッジ400倍口座だなと、

開設済みの400倍口座使えて、スプレッド狭いFXブロードネットを思い出し、即入金し、

昨日夜、1.4780で3枚買い。

先ほど、1.4885で全部決済しました。

昨日何度も振り落とされそうになったけど、「勝負だし、3万円なくなってもいいわ!」

って気持ちで、ほったらかして寝たら、なんとか勝てた。

こうゆう時は400倍口座はいいなあ。。

来年はできないかもしれないが・・・・・。




エントリーをブログに書くと、大概負けている(いいこと書きたくなって、気持ちが焦り余裕がなくなる!)

ので、決済後にまとめで書くようにしよう。


ホットした。

ユーロドル本日現在での高値は1.4905。

日足分析的には、止まっておかしくない。1.4905は日足のレジスタンス。

週足分析的には、今週1.5もあり得る。

月足分析的には、いったん天井でもおかしくない。


さてどうなるか。



外出時は外為どっとコムのモバイル携帯iアプリでFXレートチェック!


最近外出することが多いので、スイングトレードしてる時、

出先でリアルタイムレートを見れないかなと考えていたので、

昨年口座開設済みの外為どっとコム

で、「外為トレードアプリNEXT」っていうアプリを携帯に入れてみた。

いい感じ!!


スキャルピング売買するときは、PCの前に張り付いて売買するけど、

スイングトレードの場合、出先でもみたかったので、入れてみてよかった。

使いやすいし、リアルタイムレートを見るには持ってこいのアプリ。


携帯でレート見れるFX会社はいっぱいあるし、いろんなサイトで

試したんだけど、いまいちで、

出先で、
「パッと開いて、リアルタイムレートがパッと出て、動きも感じることができる」

ってやつがあんまりないのよね。


外為どっとコムのアプリはめっちゃいい!!


今では、トイレで座る時も見ています(笑)

FX中毒だな・・・・。

オススメです。。。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。