[PR]出会い系サイト 出会い系優良

2009年10月03日

雇用統計後のドル円テクニカル罫線分析

週末ドル円引値、89.80。

88円台は2度アタックしたが、なんとか暴落は回避されたと感じる。

今後の動きは、週明けの7日までの動きを見ることが重要。

来週のドル円のシナリオは二つ。

一、週明け2日間、89.60を上回り気味で推移し(90円乗せも見たりとか)、

10月7日に89.60当たりまで下がらずに、引けると、週末から来週に92円までの上昇もある。


二、週明け2日間、89.60を下回り気味で推移し、7日水曜日に89.60を

超えずに引けると、その後は1週間程度で85円までの下げもある。


他にシナリオが無いわけではないが、

来週の動きは、ふたつ注意しておけば、スイングエントリーのチャンスはありそうに思う。


日足レベルで、28日月曜日と2日金曜日に88円まで下げたあと、下ヒゲで戻っているし、

週足でも十字線ながら、下ヒゲの方が長めで引けていることから、

上記一のシナリオが70%ぐらいか。


はてさて・・・。

どちらにせよ、水星も順行に戻ったし、来週からは動きは素直にいくだろう。





タグ:ドル円
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。