[PR]出会い系サイト 出会い系優良

2009年10月22日

エリオット波動入門


エリオット波動入門

エリオット波動入門
ロバート・プレクター著パンローリンク刊。

20代前半で読んだ本だけど、今だに発刊されているのも信じられない。

内容が濃い良著は発売され続けるのですね。

エリオット波動入門

相場に携わると必ず通る道が、エリオット波動原理です。

相場は「波」、人間の心理が動くように、一方向にずっとは行かず、

波を打ちながら進む。

その波を原理化し確率した人がR・N・エリオットさん。

日本人でエリオット波動に長けているのは、現三菱UFJ証券の宮田直彦さんでしょうか。
三菱UFJ証券宮田レポート


紹介しといてなんですが、、、

でも、結局私は、エリオットのカウントのとり方がいくつもある点、

さまざまなテクニカル分析手法の中で、あいまいさがあっていいと思うのだけど、

カウントの取り方であいまいさが残るのに、あいまいさを認めない部分が

良くわからず。ちょっといやで。


あと、証券マン時代、エリオットばっかやってるやつがいて、

理論はいいけど、相場張ったら負け続けてる癖の悪いやつがいて、

あとから見て、やっぱりこうだよ!エリオットどうり!って

言い放つギタギタにしたいぼんくらがいたので、嫌いになってしまった思い出があります。

なので、結局、完全な手法の理解には至りませんでした。(^^;



ただ、私の中での、エリオット波動の位置づけは、サブ的な部分が多いけど、

大局で見ると重要だなと。

「相場の波」が5波動と3波動そして中の修正波ってのを理解しておくこと、

波に乗る感じを理解できることとして重要。


FXでも同じ。テクニカルを理解するための、最重要じゃないけど、避けては必読の書。


エリオット波動入門←著者のエリオットセミナー映像も一部無料で見れます。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。