[PR]出会い系サイト 出会い系優良

2012年12月22日

フォーキャスト2013 日本語版 レイモンド・A・メリマン著 到着。さっそく読む。

フォーキャスト2013→フォーキャスト2013 日本語版
レイモンド・A・メリマン著。

2013年版 メリマンさんの「フォーキャスト2013」が届いた。脇目も振らずに開封する。そして、早速読む。自分のポートフォリオの方向性、為替相場と株式市場を考える指針となるメリマンのフォーキャストはいつも楽しみ。

毎年、いちばん最初に読むのは米国株と日本株について。
再度読めば、自分の考える2013年の方向性はかわるかも知れないけど、だいたいつかむ。結論、「ボックスで急落に備える」。こんなイメージかな・・・。株式についてはFXと違って全体も大事だけど、それよりも大事なのは個別銘柄の研究だしな。なので、振り回されすぎずにうまくポートフォリオをコントロールすることが大切ってことに落ち着く。

2012年今年もあとわずか、株式市場を振り返ると、2011年年末のフォーキャスト2012を読んで考えた2012年の方向性の大まかなイメージとして大まかには合致していたように思う。ずいぶん役に立った。ただ一つ、2012年12月の水星逆行中のど真ん中に衆議院解散があり、突如日本株は急騰した。自分が考えていたイメージは、2012年12月から2013年4月頃にかけて急落のイメージだったから、11月に株は売却したので残念。ただ、水星逆行中の相場反転はあり得る可能性だったので、再び買いに入ったけど・・・・。

昨日、日経平均は久しぶりに10000円回復。21日は下がって1万円割っちゃったけど、海外で何か起こらない限り超目先の8000円とかは、なくなったとみていいのかもしれない。たぶんメリマンのフォーキャスト2013執筆時は、少し前だろうからこの今の現状は反映できていない部分もあるだろう。そのあたりも考えに入れつつ2013年のイメージを作った。

「2013年、日本株はボックス&急落に備える」

かな。。。

個人でもポートフォリオを組んで運用して行かざるを得ない昨今、持たないことは基本考えられない。基本戦略として、個別銘柄の研究は当然。あと相場の大まかな方向性を加味しつつ運用する。具体的には下げたところに買っといて、それ以上に衝撃的な急落があれば対応できるようにしておくってのが2013年型イメージでいいかも。今回のメリマン・フォーキャスト2013でも、いままでのフォーキャストの流れと同様、2013年から2015年にかけての高値からの50%以上の下げについて触れている(米国株)。大事な部分としておさえておかないといけない。ただフォーキャスト2012の日本株部分より少しトーンダウンした感じはした。米国株の部分で書いてあったのは、「多くの長期サイクルが進行している」とあった。日柄を特定することが難しいってことなんだろう。


為替についても、現在ドル円が84円に乗っている。株式同様、2012年年末の円安方向は少し意外感があったかか・・。こちらについても、執筆時とは時間が経過していることも含めても、為替部分を読んだあと、2013年は円高一服&急落に注意しておこうってイメージを考えた。ただ自分は2013年もFXに復帰しないだろう。

メリマン・フォーキャストは、読む人によってとらえるイメージは違うと思う。心理的な部分が大きく影響する相場の研究はひとそれぞれだし運用金額によってもまったく違ってくる。失敗の責任は自分で負わなければならない。だから自分で考えないといけないってこと。
今日届いたフォーキャスト2013も、あっというまに大事な部分を読み終えた。お正月あたりに全部よむことになるかな。そして来年も何度も読み返すことになる。自分の運用は、基本2013年も、そろーとしながら、ムリせず、結局は軍資金を貯めるため仕事に精を出しせっせとお金貯めるってことになりそうだな。。。
フォーキャスト2013を読んで、あらためて、そう思った。

→メリマンのフォーキャスト2013 日本語版

2012年12月05日

レイモンド・A・メリマン フォーキャスト2013 日本語版を今年も予約した。

フォーキャスト2013フォーキャスト2013 日本語版
レイモンド・A・メリマン著。

12月になった。2012年も終わりに近づいてきた。12月になると恒例のメリマンのフォーキャストの予約時期。「メリマンのフォーキャスト」を買い始めたのは、何年前だったか忘れたぐらい毎年買っている。どんなにお金がなくても。。。

一時期は借金で生活していたし、借金でFXやってた時もあるくらいだし、フォーキャストは買っている。借金はなくなったけど生活に困窮しているんだけど、今年も2013年版をいま予約した。

年間通じてメリマンのフォーキャストは、特定部分は最高20回程度は読むだろうか、それぐらい読み込む。読み込まないとわからないし、起こりうるサイクルの可能性をいくつも理解し、そして、自分なりの起こるだろう相場サイクルの優先順位を決めるのが、年末年始の日課になっている。

年が明ける頃には、フォーキャストブックの余白に赤ペンで書きまくる。一年を12個に区切り、ドル円・ユーロドル・米国株・日本株を折れ線的チャートを入れたりして自分の流れをつかんでおく。折れ線チャートを描けるまでには、5回は読んでいるだろうか・・・・。読んで考えて、考えて読んでの繰りかえし。金もないのになんとムダな・・・・と思うことばっかなんだよな・・・最近は..

2012年、振り返り、FXはあんまり相場自体追わなかったけど、追っかけてた米国株・日本株についてはメリマンサイクルのいくつかのパターンにほぼ一致した。自分なりの1年チャートにはほぼピッタリはまった気がしている。株式投資は結局個別株なんだけど、平均株価を見るのは一応大事だと思っている。

そして、2012年に3回あった水星逆行についても、あらゆる事が起きた。あいかわらず水星逆行中はテクニカルラインは関係なく上下するし変動が激しかった。アメリカや世界的事象は覚えてないけど、東証はダウンするし、ドコモも2回通信ダウンするし、先月は衆議院解散。先月は読みと外れた部分は少しあって、売ったあとあがっちゃって取りそこねはあった。しかし、損しないことが相場を続ける上で一番大事なことなのだ。

まったく趣味の域をまだ抜けていない投資額ってのいが悔しいけど、しょうがない。経験上、人の金を10億円動かすより、自分の金10万円動かす方が楽しいし、ドキドキするのよね・・・。

スキャルやスイングトレードではあんまり関係ないだろうけど、大局観を大まかに考えておく、理解しておく、変化が起こったときにどう対処するか、そして、自分の期待を大きく外れたときにどう対処しようとするか、動く相場へのひとつの指針として、相場がサイクルだろうし、突き詰めれば人間の考えや営みがサイクルだろうから、メリマンのフォーキャストはこれからも大いに役立つだろう・・・。

四季報以上に発売日が楽しみな本って、メリマンのフォーキャストぐらいになっている。一番最初に買うときは高いなって思った記憶があるけど、メリマンサイクルを理解して、中身を理解し、自分なりに相場を考えておくようになってからは、8000円は安いと思えるようになった・・・。使いこなせば、投資金額さえあれば回収は難しくもないって思えるようになったってのもある。でも来年はどうだろうか・・・。ここ最近の流れを考えると、株式市場は来年良くないだろうけどなあ・・・ま、個別で対処って事だな。。。

予約は毎年、投資関連本ではダントツトップの専門サイト【トレーダーズショップ】。
→メリマンのフォーキャスト2013 日本語版
年間売れてるランキングでメリマンのフォーキャストは毎年ベスト5位ぐらいに入る人気か。。
わかる気がするな・・・。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。