[PR]出会い系サイト 出会い系優良

2008年12月26日

移動平均線と一目均衡表でユーロドルを分析

クリスマスの薄商いの中、

ユーロドルも小さな動きになっています。

直近高値1.4715のあと、二日で大きめの調整を入れた後は、

大きな下げにはいたっていないようです。


長めに考えると、

25日移動平均線(1.3355から上昇中)までの調整

そして、一目均衡表での基準線1.3548あたり

までのもう一段の調整は、考えられる展開だけど、


24日から、5日移動平均線に沿った動き、

転換線がまだ上昇中なこともあり、

一度大きめの相場を作ったあとは、強気の心理が当面続くこと

などを考え、

目先、再度の上昇と見ています。



その際の、上値メドは、罫線分析の1.4245あたり、

転換線タッチあたり、1.4171タッチまではを予想。

そこから、上は今のところは、あんまり考えにくい。

今日は、欧州市場がほとんど休みだけど、

ニューヨークは開くようなので、

目先、ユーロドルで値幅取れそうなので、ロングでいきたい。









スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。