[PR]出会い系サイト 出会い系優良

2009年09月26日

若林栄四 2019年までの黄金の投資戦略

「10年大局観」で読む 2019年までの黄金の投資戦略
今年の春に出版されてすぐ読んだ本で、

たぶん世界で活躍している唯一の日本人現役ディーラー、若林栄四さんの著書です。

若林さんの相場分析の基本は黄金分割と呼ばれるもので、

フィボナッチ数を使い、価格と時間(日柄)を分析、

そこに、40年にわたる相場経験からくる独自の相場分析をしています。



カスタマーディーラーじゃなく、相場張る本物のディーラーの寿命は長くて10年とか言われています。

続かない理由は、大損こいてどこかへ消えるとか、体壊すとか、へたくそとか。。。。


70歳に手が届くという年齢で、いまだに活躍してらっしゃるのは、

相場で儲けているからに他なりません。

儲けられない人間が長くいられるほど、相場の世界は甘くありません。

だからこそ、

いまだに相場張ってらっしゃる方の見方というものは、ほとんど聞いたり、

見たりすることは現代においても難しい中(意外とわかってない人が多い)で、

相場の見通しをきっちり述べているのは称賛に値します。

相場を張ってない口だけの評論家が道ばたの石ころよりも多い中、

ほんとうにすばらしいことです。


たぶん、自信があるということと、同じことは誰にもできないという自

負があるのだと思います。

実際、若林さんの言う通りには、なかなかできません。(笑)

相場が逆行っている恐怖に、ほとんどの人は耐えられないからです。

相場には行き過ぎや行かなさすぎがあったりしますが、

若林さんのおっしゃる通りになることがほとんどなんですが、そうなる前にほとんどの人間はビビって投げてしまう。



若林さんは、東京銀行時代「マッドドッグ(狂犬)」と呼ばれていたそうです。

普通のディーラーの何十倍以上も立てまくっていた(それもみんなの逆ばっかり)ので、そう呼ばれていたそうです。

20年ほど前、私が初めてテレビで若林さんを見た時も、けっこう厳しい

目をしていたのを覚えています。

そんな、若林栄四さんの著書「10年大局観」で読む 2019年までの黄金の投資戦略

FXをやってる方は、「現役で相場を張っている方」のコメントは、読んで損はないと思います。



スポンサードリンク

この記事へのコメント
グッチ 財布 メンズ 新作
Posted by クリスチャンルブタン facebook at 2013年07月21日 12:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。