[PR]出会い系サイト 出会い系優良

2009年12月14日

大円高時代 若林栄四著

大円高時代―1ドル=80円台の恐怖とその背景
大円高時代―1ドル=80円台の恐怖とその背景若林栄四 佐中明雄著。

今回は、古い本のご紹介。

私の手元には、「1994年8月18日初版」とある。


現在ドル円が相も変わらず続いているので、やっぱり1990年代の

動きを知っておくべきじゃないのか。

と、やっぱり思う。



この本は、若林栄四さんが勧角アメリカにいらっしゃった時の著書で

1990年代の1ドル80円突破を的中させたことで有名な著書。


パラパラと読んでみて、思ったのは、本は古いけど、

書いてある中身→為替に影響を及ぼす日本のファンダメンンタルは

いまも当時もまったく変わっていないということである。


その時から政治家も役所人間もまるっきり対策をしていない裏返しである。




アメリカの状況は変わっているけど、日本の状況は変わっていない。

90年代のアメリカは好景気&日本はデフレ&不景気。

今のアメリカは不景気&日本はデフレ&不景気。

今の方が状況は悪い。


ということは、いずれ80円を切ってどんどん行ってしまうということになるだろうことは、推測できる。

大円高時代―1ドル=80円台の恐怖とその背景

古いけど読んでおく価値大!

アマゾンで、中古だけど、1円(送料別)。

安いっ!!




スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135643104
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。