[PR]出会い系サイト 出会い系優良

2009年01月01日

スリッページとは

スリッページとは、

注文をだしたレートで約定せずに、いくつかの要因で

上下にレートがずれてしまうことを指す。


または、成行注文又は逆指値注文では、

不利なレートで取引が成立するようなこと。



いくつかの要因とは、

・インターネット環境の速度が遅い

・パソコンのスペックが古い

・FX会社のシステム上

・急激に市場が動いた時

等々、さまざまな要因がある。



通常、取引しているFX会社で、スリップページの幅を調節することが多い。


スリップページ幅を「0(ゼロ)」にすれば、

そのレートでしか約定しないが、

指標発表時や一日の動きの中でもロンドンフィックス時間とかは、

レートがよく動いている状態なので、

約定できないこともあるので注意が必要。

最近では、スリップしないFX会社も出てきている。

ド短期スキャルピングをする場合などの投資家に人気。



外為市場のマーケットを基本に考えるなら、

百分の何秒でレートが変わるのは当たり前なので、

スリップページは当然あるべきと考えるの人が普通だろう。

FX会社にもよるが、

良心的な業者ではスリップページの幅に余裕を持ち発注した場合、

スリップしても、有利な方に動くこともあるし、

不利になることもあるといった状況。





スポンサードリンク

at 00:00 | FX用語集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。