[PR]出会い系サイト 出会い系優良

2009年01月01日

インターバンク市場とは

インターバンク市場とは、

銀行間取引市場(interbank market)のこと。

一般的な意味は、銀行のみが参加し短期資金や外貨を取引する市場のこと。

取引所のようなものはなく電話とネットワークによって構成される市場。



外国為替においては、

対顧客や対銀行の為替取引を仲介する外貨マーケットのこと。

外国銀行も参加する国際的な市場でこの市場において

取引されるレートが計算されて、いわゆる「為替レート」となる。

シドニー市場から始まり、東京、香港、シンガポール、

ヨーロッパ、ロンドン、ニューヨークの順に地球を一周して24時間機能する。




スポンサードリンク

at 00:00 | FX用語集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。