[PR]出会い系サイト 出会い系優良

2012年05月30日

いやいややっぱりFXに復帰したい!

FXに復帰したいなあ・・・今すぐにでも。ドル円ばたばたとスイングトレード、ユーロドルスキャルピングしたいなあ・・・・株はやっぱり相場はってる感じがしないな。人生勝負したいってあるんだろうなどこかしらに・・・。馬鹿な人生だ。しょうがない性なのかな。
ユーロドルが、いつの間にやら1.2450 ドル円は相変わらず80円近辺行ったり来たり。ドル円スイングなんかはやっぱりおもしろくもない。やっぱディーリングするならユーロドルだなあ・・。楽しい。市場参加者がいっぱいいるからユーロドルはシンプルに動くから、いいね。突っ込んだところ買ってスキャルしたいなあ・・・・張り付いていると、時間があっという間に終わるし、仕事が出来なくなるんだよね。。。これが一番最悪な状況。ユーロの突っ込み買いしたいな・・・・
今年中に一度復帰する目標を立てよう。スワップ取るようなけちけちFXじゃない、スキャルで。2012年の最終目標にしよう。年末までにやってみる。


2009年02月08日

FXデイトレードの為のメタトレーダー環境を整理

デイトレードに集中し始めて、ほぼ一ヶ月。

今のメタトレーダーのインジケーター含めたシステム環境を

整理した。


一、表示足・・5分足、15分足、30分足、1時間足の4つ。

二、ローソク足・・リアルタイム値

三、移動平均線・・5、25、50、75、100、200の6つ。

四、ボリンジャーバンド・・21移動平均線、±1σ、±2σ。

五、一目均衡表・・遅行スパンのみ。

六、ボラティリティピボット(Volatility.pivot)

七、出来高棒グラフ

八、別窓にて、5分足と15分足にのみ、

  ATR(Average True Range)5本値表示。

  5分足では、0.0023、0.0020、0.0015、0.0010、0.0007

  の5本。


九、中心通貨ペアは「ユーロドル」。

  ユーロドルがいいと思う理由は、一番取引額が多い。

  なので、他の通貨ペアに比べ、

  チャートの波がきれいにいくことが多い。。と思うから。




時間は、当面NYタイムのみ。

トレンド転換を見極め、ついて行く。

特に、ATRの動きを見ながら、継続について行く。

利食いはボリンジャーバンドにタッチするところでいったん決済。

投げは、全体を見渡し、「ダメ」と判断ですぐ決済。

アバウト部分あるものの、こんな感じで、

今週トレードしていきます。

にほんブログ村 トラコミュ FXのテクニカルは、メタトレーダーで制す!へ
FXのテクニカルは、メタトレーダーで制す!

2009年02月04日

メタトレーダー5分足内のATR(Average True Range)レンジ値最終Vrへ!

今日のヨーロッパタイムは、そこそこ値幅大きい。

取れたな〜。。。ATR値上がっている・・・。



で、デイトレード用ユーロドル5分足チャート

メタトレーダー4(Metatrader4)に、インジケーターATR(Average True Range)

の、レンジ値の最終バージョンを決めました。



上から、

0.0023

0.0020

0.0015

0.0010

0.0007


先週来検証しては入れなおし、レンジ値入れなおしては検証し。

で、ほぼ最終決定レンジ値です。

先週までは、単に、上・下とかの単純なATR分析でしたが、

このレンジにしたことで、


たとえば、最大値0.0023へは、

1週間のうち数回。とか。そこまで行けば値幅が大きいとか。

ほとんどNYタイムだとか。

0.0023まで行けば、数日中にATR値で設定最小レンジ値0.0007まで行くことが多い。とか。

0.0007まで行ったり、割れば回復し、その際値幅を伴う動きがあるだとか。



中心に設定した、レンジ値の0.0010から上にいったん動くと、0.0015までけっこう行きだす。

とか。その際は値幅を伴うことが多い。とか。

エントリーサインとして、設定レンジ値近辺でそのタイミングが出たりが多いとか。




いっぱい検証でけた。




それ以外にも、このATR(アベレージトゥルーレンジ)をトレードの分析に

使うことで、非常に勝つ確率が増えそうな気が・・・・・。。

それに、表示はシステムだけど、フローで見ないといけない部分なんかは

アナログ的指標なので、自分にヒジョーにあっている!!!


ということで、

ユーロドル5分足ATRレンジ5本値で、デイトレード前進!




先週末は動かなかったけど

ヨーロッパタイム値幅は、あるんだな・・・・。

エントリーしてないからよく見える。。。。

ま、、今日もNYから、トレードは始めます。

にほんブログ村 トラコミュ FXのテクニカルは、メタトレーダーで制す!へ
FXのテクニカルは、メタトレーダーで制す!



2009年01月28日

ユーロドル5分足MT4中のATR(アベレージトゥルーレンジ)レベル設定値追加!

先日、ユーロドル5分足のメタトレーダー中のATR(Average True Range)の値を

0.0015

に設定した。


この値の上にいるときは、ボラティリティが大きい。

下にいるときは、ボラティリティが小さい。


と、単純にそう解釈するための値だったが、

それだけでは、足りないと思ってきた。

上に位置していても、下がり基調の場合、

値動きが小さく(ボラティリティが小さく)なる。

逆に、、、

下に位置していても、下限どころから上昇基調なら

値動きは大きく(ボラティリティが大きく)なる。


下がり基調、上がり基調の始値のだいたいのメドをつけるため、



0.0015を仲値にし、

上限値0.0025

下限値0.0005



を、設定することとした。


上限からの動き、下限からの動きも視野に入れ、

デイトレードでの、ユーロドル5分足テクニカル分析で、

メタトレーダー(MetaTrader4)中のインジケーター、

ATR(Average True Range)を活用する。


にほんブログ村 トラコミュ FXのテクニカルは、メタトレーダーで制す!へ
FXのテクニカルは、メタトレーダーで制す!






2009年01月26日

ユーロドル5分足MT4中のATR(アベレージトゥルーレンジ)レベル設定最適値決定!

昨日、ドル円(USD/JPY)の5分足で、、

メタトレーダー4(MetaTrader4)に入れている、、

ATR(アベレージ・トゥルー・レンジ(Average True Range Technical Indicator)

のレベル設定の最適値を設けた。



同じように、ユーロドル(EUR/USD)でも、検証し、

最適値を入れることにした。




0.0015



このレベル以上での取引を心がけることにする。



どの通貨ペアにしても、5分足といった短いローソク足を参考に

売買する限り、ボラティリティーの重要性は、

エントリーする、しないの必要最低限の環境なので、

Average True Rangeの状況、設定値は非常に重要だと思っている。



他の通貨は現在のところやるつもりもないし、

いくつか見すぎると、対応できないので

ドル円、ユーロドルの2通貨でのFX環境づくりです。



にほんブログ村 トラコミュ FXのテクニカルは、メタトレーダーで制す!へ
FXのテクニカルは、メタトレーダーで制す!



2009年01月24日

ドル円5分足MT4中のATR(アベレージトゥルーレンジ)レベル設定最適値決定!

ドル円(USD/JPY)の5分足で、、

メタトレーダー4(Meta Trader4)デモ口座の

デフォルトで使用中の罫線分析ツール、

ATR(アベレージ・トゥルー・レンジ(Average True Range Technical Indicator)

のレベル設定の最適値を探すため、ずっと検証していた。




先週からこのツールは役立っていたが、

レベルをいくらにするか、ずっと迷っていて、

当然、人によって、ボラティリティーの状態の考え方は違うし、

自分の取引スタイルに合っていて、相場の動きを考えながら

総合的に自分に一番ピッタリなレベル、、をと

試行錯誤の末、レベル最適値をみつけた!。




0.08




自分にイチバンぴったりなレベル。もちろん自己満足。。。




ヨーロッパ時間、ニューヨーク時間のよく動くときは、

この「0.08」レベルをほとんど超えているし、

その他の時間でも動きが大きいときは、このレベルの上に位置している

ことが多かった。

また、ロンドン〜ニューヨークの時間帯でも、

レンジ相場で動かなかった時は、

この「0.08」レベルの下での推移が多かったようだ。




もちろん、下の数値レベルから0.08のレベルを越えていく動き、

あるいは逆に、上の数値レベルから0.08のレベルを下回る動き、

といった、フローな状況はアナログにて体に覚えさせていくしかないけど。



重要なのは、ストックで考えたって儲からない。

リアルタイムのいろんな数値をみても、相場なんだから

結局、フローの動きに変えていく。。。みたいなことは必要なんだ。

ん〜、、、あいかわらず、感覚的だ・・・・。





とりあえず、

ドル円5分足のテクニカル分析のひとつ、ATRのレベル最適数値決定で!!

FX取引でのレンジ相場を回避するためのひとつ手段になるはず。。。。





2009年01月15日

5分足メタトレーダーにカスタムインジケーター「Volatility.pivot」追加。

こんどは、続いて、

メタトレーダー4(Metatrader4)に、カスタムインジケーターの一つの、

「Volatility.pivot」(ボラティリティピボット)を追加しました。


ローソク足の上に位置しているときは、相場が弱く、

ローソク足の下に位置しているときは、強い。

ローソク足と交差し、転換したら、トレンド継続のスタンス。


イメージとしては、

一目均衡表の遅行スパンの逆バージョンに近いインジケーターの位置づけとします。



とにかく、5分足トレードでは、短期の情報が大切であるのが

よくわかってきました。

2009年01月14日

5分足メタトレーダーにATR(Average True Range Technical Indicator)追加。

5分足を見てのトレードを継続中なので、

メタトレーダー4(Metatrader4)に、インジケーターの一つの、

ATR(Average True Range Technical Indicator)を追加しました。


昨日の取引で知った、おおきく動かないときにエントリーしても

損失が増えるだけだったこともあり、

また、

よく動く時間帯では、そこそこ成績がよかったこともあり、

(負ければ大きいけれど・・・・・)

トレンドに乗ることができれば、

その日は、勝てそうな気がして。。。。



「ボラティリティが高いときにトレードし、低いときはトレードしない。」

そのあたりをアバウトではなく、より明確にするために。

レンジ設定し、ATRで、取引時間管理し始めます。




2009年01月12日

5分足デイトレードには、MetaTrader4とかのシステムが欠かせない。

最近、5分足を見てのデイトレードが増えてきていることもあり、

感じてきていることがある。



いままでの裁量での、5分足でのデイトレードでは結局負け続けだっ

た。その理由がはっきりしてきたような気がする。



もともと、日足・週足のテクニカル分析ベースの取引を行ってきた。

そのときは、その分析を元にした、裁量トレードで問題なかったし、

おそらく、今後もそうゆうアナログ的な方法でも大丈夫な気がしてい

る。


しかし、

こと1分足や5分足、15分足等を見ながらの

デイトレードやスキャルピングの場合、

いままでやってきた日足分析手法を

そのまま5分足分析に当てはめてもまったくダメだなと完全に思い始め

ています。

メタトレーダー4をダウンロードしてから、

インジケーターなど動きを見、チャートを見ながら取引していると、

超短期デイトレをするためには、そのためのシステムがいることがはっ

きりした。

(気づくの遅すぎなんだろう・・・たぶん)

ほんでもって現在、個人レベルでも十分そういったシステムを入手でき

るようになっているんですね。

ほとんど、タダで・・・。すばらしい!


今日ただいま、

時代の流れにまったくついていけていなかった自分を見据えた瞬間でし

た。

5分足基本で、システム的売買的にちょっと感覚を取り入れた感じでや

っていきます。

自己流システム的売買ってとこが、現在たどり着きたい領域です。




FX口座も完全に、

デイトレ口座と、スウィング中期取引用口座と分けることにしました。

今後は、とりあえず、デイトレ&スキャルピング的ブログに

なっていきそうな予感がしてます。








2009年01月08日

本日は、mt4 (MetaTrader4)で5分足見ながら取引しました。

今日は、インストールしたmt4 (MetaTrader4)に慣れることと、

日足を想像しながらの連動性、トレンドを確かめました。



売買結果は、−42,546円

散々な結果でした。

中心は、ドル円とユーロドル。



損失が大きくなった原因は、

途中に、昨年末に4時間もサーバーダウンした、FX口座がまたもやストップし、

最悪なことに、大きなトレンドを描いている最中。

おかげで、このときのポジションだけで、31000円の損失。

いいかげんにこんな口座とはオサラバすべく、

速攻、全額引き揚げ!

年末に開設した5口座のうち一番使いやすい口座に移しかえることにしました。




ともかく、検証したかった


1.エントリーのタイミング

2.決済のタイミング

3.できるであろう日足のチャートを理解しながらの、5分足のトレンドを考える。

4.日足の抵抗線をブレイクするならば、5分足の動きは?

  そのときのインジケーターの動き
  
  
等々。


日足ベースの見通しを考えながらの取引を煮詰めていきたいと思います。



2009年01月07日

5分足分析強化のためメタトレーダー4をインストール。。

年初からの失敗分析の反省もあり、

昨日はトレードも一切やらず、ひさしぶりにすっきり

した気分です。


いままで、FX取引口座のチャートを使っていたのですが

非常に扱いにくく、

外為どっとこむのチャートも併用しておりましたが

通貨ペアが少ないので、ドルストレートチャートを

ほとんど見れませんでした。



ずっと難儀していたのですが、

そこで、先日いいのがないか調べていて、



MetaQuotes Software Corp.さんの

MetaTrader4(メタトレーダー4)

のデモ版をインストールしてみました。


いまや、FX取引者にとって、必須のアイテムになっているらしい
のですが、


そんなこともつゆ知らず・・・。。。


入れてみて、ひじょーーーーーーーーに使いやすい。

5分足、日足、週足の切り替えもワンボタン。

大きな流れみたいときとか、

目先の遅行スパンの位置確認で短く見たいとかの

スクロールするのも、スイスイです。

自分なりのいろんな設定もかんたん。

画面も見やすいですし、容量も軽そう。。。

そしてなにより、分析の大事なインジケーターがむちゃくちゃ豊富。

それに、いろいろ追加もできる様子。




アナログ人間のわたしは、衝撃を受けました。

おそるべし、ネット文明!




とりあえず、画面からインジケーターの基本、

移動平均線6本、

一目均衡表、

ボリンジャーバンド

オシレーター系のストキャスティクス

を入れ分析、

動きや流れをつかむようトレンドをみています。




このメタトレーダー4の導入で、テクニカル分析は間違いなく

いままでよりは数段よくなりそうです。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。