[PR]出会い系サイト 出会い系優良

2009年01月01日

pips(ピップス)とは

pips(ピップス)とは、FXでは、レートの最少単位のこと。

ドル円なら、1銭のことを1pips(ピップス)という。

ユーロドルの場合、0.0001単位が1pips(ピップス)となる。


要するに、円の1pipsは、1銭(0.01円)

ドルの1pipsは、0.0001ドル。



pipsをポイント(point)ということも多い。


at 23:46 | FX用語集

NZDとは

NZDとは、

ニュージーランドの通貨であるニュージーランドドルの通貨コード。


ニュージーランドドルは国鳥にちなんで「キウイ」とも呼ばれる。

通貨ペアの「ニュージーランドドル円」は、

「キウイ円」と呼ばれることも多い。



ニュージーランドドルは、豪ドルと似たような動きを見せることが多い。

オーストラリアとは、地理的にも最も近く、最大の貿易国であることが要因だ。


高金利通貨であることもよく似ている。

日本の投資家には大人気の通貨である。


ただし、豪ドル同様、ドルやユーロより変動が大きいのと、

価格が一方向に継続しやすい正確をもつ。





at 15:26 | FX用語集

USDとは

USDとは、米国の通貨コード。「United States Dollar」で米ドル、アメリカドルともいう。

ISOで制定された国際標準の一つであるISO 4217で定められた、

アルファベット3文字で記述した米国が発行する通貨「United States Dollar」の世界共通で用いられる通貨コード。

具体的には、米国の国別コードが「US」でドルの表記が「D」なので、「USD」としている。


世界最大の流通量を誇り、

物やサービスの交換紙幣として世界各国でドルが使われることが多いので、基軸通貨と呼ばれている。

FX外国為替の世界では、ドル以外の国の通貨を、その他の国の通貨に交換する場合、

いったんドルに交換し、ドルから交換したい通貨に交換するといった経緯を踏む。


具体的には、円をユーロに交換する場合、

円をいったんドルに換えて、そののちユーロに交換することとなる。



at 11:59 | FX用語集

インターバンク市場とは

インターバンク市場とは、

銀行間取引市場(interbank market)のこと。

一般的な意味は、銀行のみが参加し短期資金や外貨を取引する市場のこと。

取引所のようなものはなく電話とネットワークによって構成される市場。



外国為替においては、

対顧客や対銀行の為替取引を仲介する外貨マーケットのこと。

外国銀行も参加する国際的な市場でこの市場において

取引されるレートが計算されて、いわゆる「為替レート」となる。

シドニー市場から始まり、東京、香港、シンガポール、

ヨーロッパ、ロンドン、ニューヨークの順に地球を一周して24時間機能する。



at 00:00 | FX用語集

サポート(サポートライン)とは

サポート(サポートライン)とは

サポートとは、テクニカル分析・チャート分析においての下値支持線のこと。


一般的な見方の分析では、

過去に何度かその水準で為替レートが下げ止まった価格帯のことをいうことが多い。


「選んでいるテクニカル分析上の下値支持線をいうこともある」ので注意。



FXでは、

サポートラインで下げ止まると、反転することが多いが、

多くの市場参加者はこのサポートラインを割り込まないとの認識のもとに、

損切り(ストップ・ロス)注文を入れることが多いので、

サポート・ラインを割り込んだときには、大きく急落することもあるので要注意。





at 00:00 | FX用語集

レジスタンスラインとは

レジスタンスラインとは、

テクニカル分析・チャート分析においての上値抵抗線のこと。

過去に何度かその水準で為替レートが上げ止まった価格帯のこと。




レジスタンスラインで止まれば、下落、

レジスタンスラインを上回っていけば、上昇が加速することも多い。



at 00:00 | FX用語集

スリッページとは

スリッページとは、

注文をだしたレートで約定せずに、いくつかの要因で

上下にレートがずれてしまうことを指す。


または、成行注文又は逆指値注文では、

不利なレートで取引が成立するようなこと。



いくつかの要因とは、

・インターネット環境の速度が遅い

・パソコンのスペックが古い

・FX会社のシステム上

・急激に市場が動いた時

等々、さまざまな要因がある。



通常、取引しているFX会社で、スリップページの幅を調節することが多い。


スリップページ幅を「0(ゼロ)」にすれば、

そのレートでしか約定しないが、

指標発表時や一日の動きの中でもロンドンフィックス時間とかは、

レートがよく動いている状態なので、

約定できないこともあるので注意が必要。

最近では、スリップしないFX会社も出てきている。

ド短期スキャルピングをする場合などの投資家に人気。



外為市場のマーケットを基本に考えるなら、

百分の何秒でレートが変わるのは当たり前なので、

スリップページは当然あるべきと考えるの人が普通だろう。

FX会社にもよるが、

良心的な業者ではスリップページの幅に余裕を持ち発注した場合、

スリップしても、有利な方に動くこともあるし、

不利になることもあるといった状況。




at 00:00 | FX用語集

ミセス・ワタナベとは

ミセス・ワタナベとは、

FX投資をする日本の主婦の総称のこと。


欧米の外為ディーラーの間で、テクニカル分析など

全く関係のないドル買いが頻繁に起こった要因を探るうち、

日本の主婦層を中心とした個人投資家のドル買いが

相場に影響を与えていることがわかり、

「ミセス・ワタナベがドルを買っている」などといい始めたよう。




「ミセス」は主婦だが、「ワタナベ」が日本の個人の総称

を表すようになったのは、

日本人には理解できないが、欧米ではそうゆうらしい。

今では、日本のFX個人投資家全般を指すこともある。



日本のFX個人投資家が、外為市場を左右する大きな要因となっている。


ちなみに、1億以上脱税したFX主婦個人を指すものではない。







at 00:00 | FX用語集

GBPとは

GBPとは、

Great Britain Poundの略でイギリス(グレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国)の

通貨である「ポンド」の通貨コード。



スターリングと呼ばれる事もあります。


また、STGと表示する事もあります。


英国は現在ユーロに参加しておらず欧州通貨としては独立した通貨。




at 00:00 | FX用語集

FOMC政策金利とは

FOMCとは、米国の金融政策を決定する会合の事。

Federal Open Market Committee(フェデラルオープンマーケットコミッティ)の略。

日本語では「連邦公開市場委員会」と訳される。

FOMCは通常、年に8回(基本的に6週間毎の火曜日)に開催。
(他、必要に応じて随時開催される)


ベージュブックをもとに金融政策、政策金利について議論され、

政策金利であるFF金利(フェデラル・ファンドレート)の誘導目標

と景況判断および運営方針などが発表されます。



会議の議事録が3週間後に公表され「FOMC議事録」として注目されます。

FOMCのメンバー構成は、FRBの理事7名、NY連銀総裁1名、地区連銀総裁4名の合計12名。



at 00:00 | FX用語集

ISM製造業景気指数とは

米供給管理協会が発表する、「製造業」における景気転換の先行指標で、

株価・為替動向に大きく影響を受けるアメリカの代表的な経済指標。


FED・米連邦準備理事会(FRB)の金利政策の動向を予測する上での

経済指標としても注目されている。


ISM(米供給管理協会)が

製造業約400社の購買担当役員に生産・新規受注・入荷遅延比率

在庫・雇用の各項目について「良い」「同じ」「悪い」かアンケートを行い、

1ヶ月前と比較して、そのアンケートを指数化したもの。


毎月第1営業日に前月の集計結果が発表され、

50を割り込むと景気後退、

50を上回ると景気拡大とされる。


景気先行指数として重要度は大きい。



以前は全米購買部協会指数(NAPM)と呼ばれており、

年齢が上の方はこの方がなじみがあるかも。


ISM製造業景況指数とも、ISM製造業景況感指数とも呼ばれることもある。




at 00:00 | FX用語集

ロンドンフィックス(ロンドンフィキシング)とは

ロンドンフィックスとは、

サマータイム時では、日本時間午前0時
(ロンドン冬時間の場合は、日本時間午前1時)。

この時間に、ロンドンフィックス(ロンドンでの仲値)の発表がある。


仲値とは、各銀行が発表する対顧客向け基準レートのこと。

投資信託を設定する場合のレートの基準となるので、大口の発注が出やすい時間帯となる。


ロンドンフィキシングとも呼ばれ、

この時間に向かって相場が大きく動く場合がよくある。



雇用統計などはひと月に一回だけど、ロンドンフィックスは毎日ある。

動かないときは動かないが、ある程度この時間は動くものとして

相場を見ていたほうがびっくりしなくて済む。



基準となるレートなので、

リスクヘッジのためオプションをかけていたりすると、

オプション行使レート等に向けた変動で、より大きく動くことも。

重要指標発表日と重なるときは特に注意。




「ロンドンフィックスにむけクロス円買いの思惑」とか

マーケットニュースに流れることも多い。



同義語:ロンドンフィクス




at 00:00 | FX用語集

リミットオーダーとは

指値注文のこと。
値段を指定して注文すること。

ポジションがない場合、
現在のレートより低いレートでの買い注文、
現在のレートより高いレートでの売り注文を出すこと。

ポジションを保有している場合、
そのポジションが利益になる方向でのレートを指定する注文。



FXでは、単に「リミット」と呼ぶことも多い。


たとえば、
ドル円を90円で買い(ロング)で保有している場合、
93円(利益が出る方向)で売りの注文を入れるようなこと。




at 00:00 | FX用語集

EURとは

EURとは、EU(欧州連合)の単一通貨「ユーロ」の通貨コード。

ISOで制定された国際標準の一つであるISO 4217で定められた、

アルファベット3文字で記述したEUが発行する通貨「ユーロ」の

世界共通で用いられる通貨コード。


ユーロは、1999年1月1日に決済通貨として導入された。



2009年10月現在の使用国は、公式・非公式含め、

オーストリア、キプロス、ベルギー、ドイツ、スペイン、

フィンランド、フランス、ギリシャ、イタリア、

アイルランド、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、

ポルトガル、スロバキア、スロベニア、マヨット、

モナコ、サンピエール島・ミクロン島、サンマリノ、

バチカン、アクロティリ、アンドラ、

フランス領南方・南極地域、コソボ、モンテネグロ、

サン・バルテルミー、サン・マルタン。

以上28カ国。
at 00:00 | FX用語集

JPYとは

JPYとは、日本の通貨単位。

「JAPANYEN」つまり「日本円」のこと。


ISOで制定された国際標準の一つであるISO 4217で定められた、

アルファベット3文字で記述した日本国が発行する

通貨「日本円」の世界共通で用いられる通貨コード。


具体的には、

日本の国別コードが「JP」で円のイニシャルが「Y」なので、

「JPY」としている。




at 00:00 | FX用語集

ストップオーダーとは

逆指値注文ともいわれ、損切りの手段などに使用される注文方法。

保有しているポジションがあり、

損失の方向に相場が動いてしまう場合に

損失を一定の額に抑えるための注文。


FXでは、単に「ストップ」と呼ぶことも多い。


たとえば、ドル円を90円で買い(ロング)で保有している場合、

88円(損失を限定するレート)で売りの注文を入れるようなこと。



at 00:00 | FX用語集

2008年11月01日

Ask(アスク)とは

アスクとは、外為市場で入っている売りの注文(オーダー)のこと。

通貨を買う時のレートを「Ask(アスク)レート」という。

Offer(オファー)ともいい、同義語である。



反対に、買いのオーダーのことをBid(ビッド)という。




無料出会い系 出会い系 無料 定額制出会い系 優良出会い系ラブサーチ 無料人気出会い系 出会い系無料


at 00:00 | FX用語集

ボクシングデーとは


ボクシングデーとは、クリスマスの翌日(12月26日)のことでイギリス・アイスランド・スコットランド・

ノルウェー・スウェーデン・オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・香港などは休日。



取引所では、ウェリントン、シドニー、フランクフルト、ロンドン、トロント、

香港、パリ、チューリッヒが休場。

この日のマーケットは、東京とニューヨークが中心となる。


ただクリスマスの翌日なので、小動きとなることが多いので、

マーケット関係者はあまり無理をせず、ポジションも中立あるいはとらないことも多い。




優良出会い系サイト 無料出会いサイト ラブサーチ定額制出会い系 定額出会い系 女性無料出会い系サイト



at 00:00 | FX用語集

インカムゲインとは

インカムゲインとは、incomeとgainを組み合わせた和製英語であり、

一般的には株式の配当や債券の利息収入などのこと。


FXにおいては、スワップがそれにあたる。

スワップを狙いすぎず、相場変動に注意しましょう。




at 00:00 | FX用語集

日銀短観とは   FXブログ

日銀短観とは、日本銀行が四半期に一度発表する「主要(全国)企業短期経済観測調査」のこと。

日本銀行が調査し、直接、各企業の経営者に業況感を問うマインド調査であるので、

回収率も高く、直近では約10,000社を対象に実施されるので、

国内の数多くある経済指標の中でも特に注目されている統計で、金融政策に影響を与える。


全国の大手企業と中小企業、製造業と非製造業などに分けて、業績や状況、設備投資の状況、雇用などについて実績と今後の見通しを聞くもの。

海外や金融関係者の間でも「TANKAN」の名称で知られている。


日銀短観の数多くの調査項目の中でも市場から最も注目されるのは「業況判断DI」。

DIとは、Diffusion Index(ディフュージョン インデックス)のこと。

主要企業・製造業のアンケート回答者の実感が数字に表れるので、

その時の企業および経営者の心理もあらわされるが、逆に直近の実態経済を表しているとも言われている。




at 00:00 | FX用語集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。